高齢者の医療や福祉と訪問看護やホームドクター

医療や福祉は客観的に見て制度などが充実していればよいというものではありません。
それぞれの高齢者には人格があり、好みがありますし、価値観も違います。
あくまでも本人が住みやすい状況や地域が重要になります。
とくに長年住み慣れた地域を、高齢化後に移動するという場合には、抵抗が大きいということも考えておく必要があります。
できるだけ今まで住んでいた住みやすい住まいを離れたくないということで、ひとり暮らしでできるだけ住み続けるという場合もあります。
その場合には周りの家族が、ひとり住まいの高齢者の医療や福祉の環境をできるだけ整えていくことで、本人の願いをかなえるということも必要です。
ホームドクターや訪問看護などの医療サービスやケアマネージャーやデイサービスなどの利用なども含めて、計画的に準備をしておくということが必要です。
そしてどうしても一人暮らしが難しくなった時にそうするかも事前に相談をしておく必要があります。