自宅で人工透析ができるようになった

人工透析が必要になると、人工透析を行う医療機関に定期的に通院をしなくてはいけません。
1回当たり4時間から5時間、1週間に3日通うとされています。
一応ベッドの近くにテレビが置かれたりと時間がつぶせる工夫はされています。
自由が制限される中でこれから生活していく不安を感じるかもしれません。
医療機関によっては、在宅人工透析ができるところがあります。
人工透析の機器を自宅に設置し、自分の責任で行います。
事前に訓練を受けたり、機器の設置などを行う必要がありますが、それらが終われば週3回の通院は必要なく、自宅で行えるようになります。
自宅で行うメリットもありますがデメリットもあります。
メリットとしては、通院の負担がなくなることでしょう。
病院だとどうしても寂しい気持ちになりますが、家族と過ごせれば気もまぎれます。
ただデメリットも多いです。
水道料金や電気料金は自己負担になります。
医療機関なら当然そちらが出してくれ、医療費も多くが免除されます。
自己管理の難しさもあるようです。